マツリノ気恥ずかしい日記帳

こんな事を赤裸々に語ってよいのだろうか

夏休みの宿題

私が高校1年生だったときの話です。
高校1年生のときの夏休みは今までの夏休みと違い、宿題を全くと言っても良いほどしませんでした。
たぶん、中学3年生のときの、高校受験の受験が終わってから気が抜けていて、それが夏休みに入ってもあったんだと思います。
しかし、唯一、夏休みが始まったばかりの七月に終わった宿題があります。
それは読書感想文です。

私は本はあまり読みませんが、文章を書く事が得意で、中学生の時は夏休みの宿題であった、読書感想文を1時間弱で書ききり、しかもそれで表彰状をもらいました。
それくらい私は文章を書くのが得意です。
たくさんの数ある夏休みの宿題の中で読書感想文は真っ先に書こう!とやる気が起きました。

そして、読書感想文以外の宿題は全く手を付けないまま8月を迎えました。
私は宿題をしていないだけでなく、夏休みの宿題がどの教科があって、どれだけの数なのかを全く把握していませんでした。
これまで、夏休みは割とコツコツと宿題を終わらしていたので、8月31日に慌てて泣きながらするなどといったことは全くありませんでした。
しかし、高校1年生のときの夏休みはちがいました。
お盆休みくらいに入った時、そろそろしなくちゃなーと思いはじめ、夏休みの宿題範囲の一覧プリントを見ました。
まさか!そんなはずはない!と思うくらいの膨大な数に私は焦り始めました。
これは毎日やっても絶対に終わらない。と半分諦めかけながらもその日のその瞬間から必死に宿題にとりかかりました。
結果から言うと、宿題は全て終わり遅れることなく学校に提出できました。
なんと、宿題を終わらすのにかかった日数はたったの5日間でした。
本当に焦って焦って、朝早くにアラームをかけて早起きして、ほぼ1日中宿題にとりかかり、夜遅くまで宿題をするという生活を5日間続けたらあっという間に膨大な数の夏休みの宿題は終わりました。

高校1年生の夏休みで学んだことは、不可能に近いことでも本気を出せば人間なんでも出来るということです。
大切なことが学べた夏休みでした。

今日は、子供と買い物に行ってきました。

今日は、100均やスーパーからいろいろなものを買ってきました。子供と一緒に行って、しかも子供が駄々をこねたので4つだけ買ってきてしまいました。ここで紹介しようと思います。
1つめは「コルクボード」です。何に使うかと言うと、リビングに、子供が描いた絵を飾ろうと思ったので買ってきました。家にはもう大きいコルクボードがあるのですが、それには収まりきらないので新たに買ってきました。最近子どもがとても上手に絵を書くようになったので、とても嬉しく思っています。ですので、記録を残すためにも飾っておこうと思っています。コルクボードだと壁を汚さずに飾れるからいいな、と思っています。
2つ目は、「ワイドハイターEX」です。旦那さんが8月からスーツ出勤になります。それまでは普段着で出勤も許されたのですが、部署が変わったためスーツを毎日着るようになりました。そこで、毎回シャツを洗う時に首周りの汗地味などに、ワイドハイターをシュッとかけてから洗うと良いという事を義母に教えてもらったので、それをするために買ってきました。
3つめは、「ズボン用ハンガー」です。100均に売っていました。買ったのはいいのですが、旦那さんに、「やっぱり100均のは使いづらい」と言われてしまったのでどうしようか迷っています。誰かにあげようかな、でも100均だしな・・・。
4つ目は、「靴下」です。これも、自分のと旦那さんの靴下が擦り切れてしまっていたので、買ってきました。
他にもたくさん買うものがあったのですが、とりあえずそれだけ買って帰ってきてしまいました。子供がダダをこねて酷くて買い物どころではなかったんです。
今日はいろいろと忙しい一日でした。これから夕飯を作ります。夕飯は、残り物のカレーとおにぎりなど、残り物を片付けてもらおうと思っています。夕方になると、子供がダダをこねたりして色々と大変になってくるので、午前中のうちに行けばよかった、と思った一日でした。

私の一生の趣味、編み物で時を編む生活

私は、子供の頃からモノづくりが好きでした。初めて、編み物にトライしたのは、小学生の頃でした。編み物が得意な母親に、棒針と毛糸玉を買ってもらい、編み方を教えてもらったのです。初めて編んだ作品は、赤い毛糸のカーディガンでした。それから編み物にハマっていき、秋や冬がくるのが楽しみになりました。就職してからは忙しくて、編み物をする時間も全くなくなり、棒針や毛糸に触れないまま、長い年月が過ぎていきました。そして、縁があって結婚し、転勤族の夫に同行する生活が始まり、長年勤めた会社を退職したのでした。主婦になった私は、時間にも余裕ができ、長年の忙しい仕事生活で、すっかり、忘れかけていた自分の趣味を思い出しました。大好きだった編み物の記憶を取り戻すように、また針と毛糸を手にして、編み物をし始めました。久しぶりの編み物で、すっかり編み方を忘れてしまった私でしたが、近所の手芸屋に足しげく通って教えてもらい、編み方をまた思い出していきました。編み始めると、私の集中力は、自分でも感心するくらい長く続き、没頭してしまいます。主婦になってからは、秋冬だけでなく、春も夏も、1年中、ひたすら何かを編む生活をしていました。棒針だけでなく、昔からやってみたかったかぎ針編みにもトライして習得しました。今まで編んだものは、冬用のモチーフのマフラー・帽子・ベスト・ひざかけ、春用のベスト、夏用のモチーフ編みのベスト・半そでカーディガン、赤ちゃん用のおくるみ、ベビーシューズ、クマのぬいぐるみ、などです。帽子は、色違いで7個編み、母や母の友達、自分の友達へのプレゼントにしました。赤ちゃんグッズの編み物は、子供の生まれた友達へのプレゼントにしました。自分の本当に好きなことは、子供の頃から、たとえ何年経っても、基本的に変わらないものなんだな‥と思います。これからも、多分、編み物を楽しいと思う気持ちは、一生、変わらないと思います。夏用のカゴバックを編み終えた今日。次は何を編もうか、思いを巡らしています。

良作に出会おうとして駄作に遭遇してしまう件について

クリエイターを名乗る方々がとてもとても大勢いる現在、世に送り出される作品の出来不出来は玉石混淆、そしてそれを前もって知ることの出来るサイトも多数存在する。
あらすじ・ネタバレを記述したサイトを避けた場合、良作だけに出会い続けることは不可能だろう。
売れているからというだけでは購入する理由には乏しすぎる。
しかし無名の作者による作品が良作の可能性は限りなく低く、良作であっても購入者本人の趣味に合うかは別の話だ。
リスクを少なくした手段を選択し安定した結果を望めば、高確率で平凡な結果が転がり込む。
当たり前のことを当たり前に積み重ね、平和な日常を謳歌するのが常識的な選択というものだろう。
好き好んでリスクを負うような人間は大抵が遠からず破綻する。
ハズレの確率が大きい博打を続ければ、高確率で負債を負うことになるのは当然だ。
それでもスリルを求めてしまうのは、博打に勝ったときに得られる報酬に目がくらんでしまっているのか。
リスクを避ける日常に慣れた一般人にとって、リスクを度外視した情熱的な行動はさぞ魅力的に見えるのだろう。
例えそれが創作物によってもたらされたスリルであっても。
しかし、購入した書籍やDVDなどのメディアがハズレかもしれないというスリルは違うと思う。
有象無象の作品群から大当たりを引き当てるのはヒントなしではどう考えても不可能だ。
紹介サイトは広告と同様で、ただひたすら売り込むことに必死になっていて正しい評価を伝えようとしている意思がまるで感じられないサイトもある。
信用できそうなサイトもあるにはあるが、頭が良さげな評論家が運営しているサイトはダメっぽい。
小難しい理屈で説得しようとしている雰囲気はどうにも好きになれそうに無い。
感性が比較的近い人が薦める作品だと、当たり前の話だが好みの作品の場合が多い。
問題はそのような感性の持ち主を探し出せるかということか。
嗜好パターンなどからサクッと適合率とか評価予想を割り出せればよいのだが、技術的に出来ても普及させてくれるだろうか。
せめて大ハズレなのを自覚しながら必死に宣伝するようなサイトをより分けられればよいのだが、そういう人は新規サイトを乱立させることで対応しそうだ。

アロマの勉強

アロマテラピーを始めようかなって思っています。香りものが好きなのですが、アロマの力って本当かなって興味もあって、もしも、その力で安眠できたり体調が良くなったりするのであれあば、ぜひ挑戦してみたいと思ったからです。といっても、かなり何も知識がない初心者。果たして思っている感じの効果が出るのかなって、ちょっと不安でもあります。でもしてみようと思ったのだからしてみよう!新しい挑戦ですが、そういうのに挑戦してみるのも楽しそうですし。世の中にはアロマ検定なるものが、存在するくらいだから少しはお勉強しないといけないと思うのですが、今日は思い立ったら吉日くらいの勢いで、早速アロマオイルを購入してしまいました。ゼラニウムの匂いにイランイランの匂い。オレンジも欲しかったのですが、いきなり買いすぎは良くないかなって思い我慢。って、アロマオイルだけ買ったのです。バカでしょ。何か芳香器を買わないといけないのに、その芳香器を何にしようかと悩んでいて、オイルだけ先走って購入してしまったのです。これ、無駄な買い物にならなかったらいいのですが・・・。アロマオイルをどうやって使うのかも良くわかっていないのに、買ってしまう私。浅はかで愚か。でも挑戦したい気持ちは満開です。とにかく色々調べて、早く芳香器を買おうと思います。アロマランプを狙っているのですが、自宅のスタイルに合うものを真剣に選ぼう!いい挑戦になりますように!

普及が期待されるスマート家電

スマート家電は、様々なところで普及することが強く期待されるようになり始めています。最も多い形式としては、手持ちのスマートフォンと家電との連携が図られ、スマホで家電を操作したり、電源をつけたりすることができるものであるとされています。スマート家電が多くの世帯で普及することによって、日常生活が大変便利なものになるのではないかと思います。そのため、複数のスマート家電の種類が現在進行形で確立されてきており、実用化の段階に至る家電も散見されています。スマート家電の仕組みに関しても、以前より多くの人々から知られるものとなってきていることから、普及が進行する可能性も高まっていると言えるでしょう。
スマートフォンをリモコンの代用として家電を操作するケースや、スマホから直接家電に操作できるように仕組みを整える例が多くなってきており、様々なタイプのスマート家電が台頭する動きが生じています。このような特徴は、全国的なエリアで確認され始めていると認識されており、様々なスマートな家電が利活用される動きに直結していると言えるのではないでしょうか。今後はスマート家電がより多くの人々の日常生活に浸透していくのではないかと見込まれていることから、関心の度合いが高くなると予測されています。また、使いやすいスマート家電が普及することに伴い、日常的に利用されることにも関わるのではないかとみられ、普及が強く紀伊されていくのではないでしょうか。

シンガポールで、美味しいスイーツのお店を紹介します

シンガポールで、美味しいスイーツのお店を紹介します。
ブギス駅から徒歩5分ほどの、おしゃれな通りの、ハジ・レーンの入り口にある、アイアムというお店は、
おしゃれなカフェで、フードメニューも、ドリンクメニューも充実したお店です。
カラフルなケーキが美味しいお店です。ヴェルヴェット・ケーキ(8.90シンガポールドル)は、赤い手作りの
スポンジ生地に、酸味のあるチーズクリームを挟んであり、しっとりした食感で、程よい甘みで、美味しかったです。
また、レインボーケーキ(9シンガポールドル)は、7色の色合いのカラフルなケーキで、スポンジの生地は、しっとりした
卵の風味で、チーズクリームと良く合うおいしい一品でした。このレインボーケーキは、オーナーの、お母さんが手作りで
作ってみえるそうです。
こちらのお店の営業時間は、11時30分から22時30分で、金曜日、土曜日は、24時30分までです。
また、日曜日は、21時30分までです。
チャイナタウン駅から徒歩5分ほどの、ピープルズ・パークセンターの2階にある、デザート・ハットというお店は、
中国スイーツ専門カフェです。添加物を使用していないお店だそうで、冷たいものや、温かいものもあるお店でした。
マンゴー・サゴ(3.20シンガポール)は、マンゴーを使用したソースに、フレッシュな果肉や、タピオカがたっぷり
乗っており、見た目も綺麗で、マンゴーの旨みがしっかり感じられる美味しい一品でした。
こちらのお店の営業時間は、10時30分から19時までです。