マツリノ気恥ずかしい日記帳

こんな事を赤裸々に語ってよいのだろうか

趣味は楽器演奏で、仕事はピアノ講師

私の仕事はピアノ講師ですが、趣味はやはり楽器演奏です。
演奏活動もしています。
10/10(月)にキャリアのある大人の生徒さんの発表会があります。
長年、レッスンに通って、仕事をしながらピアノを続いている大人の生徒さんの職業は、学校の先生や幼稚園の先生など、忙しい仕事にもかかわらず、幼い頃からピアノのレッスンを続いている生徒さんなので、とても聴き応えのある演奏ばかりです。
その最後に私を含む4人の講師による2台のピアノを使って演奏をする八手連弾で講師演奏に出演します。
演奏曲は、「水上の音楽」と「威風堂々」の二曲です。
今日は、その講師演奏の最後の練習会でした。
テンポ、曲想、メリハリなどを確認しながら、息を合わせて演奏をしました。
テンポが上がりましたが、メリハリが付き、曲がまとまって仕上がりました。
後は当日、無事に演奏が出来ることを祈るだけですが、出来る限りの力を出し切って、感動を与えられる演奏がしたいです。
練習会が終わってからのレッスンで、生徒達にも伝えました。
何人か聴きに来る生徒や父兄もいるようです。
その生徒達のレッスンの状況は、来月11/6(日)にピアノの進級試験があるので、よく練習をしているようでした。
12月に予定しているおさらい会では、小さなステージで演奏したい曲を発表してもらいたいので、それぞれ自分のステージを想像してもらい演奏する曲を考えてもらっています。
指導する私も、それぞれ表現したいステージを観るのが楽しみです。